「歯っけよい残った8020」とは、大阪府歯科口腔保健計画で、府民一人一人が、日頃からがんばって、歯と口の健康づくりに取り組むことで、出来る限り自分の歯を「残す」ことを目指し、80歳になっても20本以上自分の歯を持つことで(「8020」)、自分の歯で食べて味わうことにより、健やかで心豊かに生活できる活力ある社会を実現できるよう願いが込められています。

ライフステージごとに、歯と健康づくりに役立つ情報をまとめています。

乳幼児期(保護者に方・乳幼児)のために