ある日患者様からの相談で、「糖尿病が進行して、白内障になってしまいました。白内障になるまでに、予防する方法はなかったのでしょうか?」というお話でした。

私が、「歯周病の治療をすることで、糖尿の数値も下がり、白内障などの合併症を発症するリスクが減るのです。」とお話をすると、大変驚かれ、「もっと早く相談すればよかった。」と言っておられました。

歯周病と糖尿病は密接に関係していると言われており、歯周病の治療をすると血糖コントロールが改善するという研究成果も数多く報告されています。

「なかなか血糖コントロールがうまくいかない」とお悩みの方は、一度歯科医院に、ご相談ください。