口の中で一番怖い病気は「口腔がん」だと思います。口腔がんには「舌がん」「歯肉がん」「口底がん」などがあります。

喫煙や、虫歯の放置が誘発

口腔がんの原因として喫煙が指摘されています。また、むし歯を放っておいて歯が舌に刺さるなど、慢性的な口の中の刺激が、がんを誘発すると考えられています。

口腔がん予防は定期的な歯科健診で早期発見が大切!!

口腔がんを予防するのはなかなか難しいのですが、助かる確率を上げるためには、とにかく早期発見が大切です。そのためには、歯科健診を定期的にきっちりと受けることが大切です。

口腔がんは、早期発見でステージ1なら90%以上の確率で助かります。まずは、かかりつけの歯科医に定期的に診てもらうことが大切です。