「傷が痛むと雨が降る」という言葉を聞いたことはありませんか?また、雨の日や、台風が近づいた時「歯が痛い」と感じたことはありませんか?

歯の中には神経の通っている空洞があり、鼻の両サイドには上顎洞と呼ばれる空洞があります。どちらの空洞も、通常は外の気圧と同じ気圧になっていますが、飛行機に乗ったり、台風が近づくなどで急激に気圧が下がると、変化に対応できず、圧がかかり一時的に痛みが出てしまうことがあります。そのため、大きな空港には歯科医院があります。

この「気圧性歯痛」は一時的な痛みのものがほとんどなので、歯科医院を受診する人は少ないと思います。ですが、天気が悪くなるたびに歯が痛む方は、歯などに慢性的な炎症があるかもしれません。気になる方は、歯科医院の受診をお勧めします。