朝晩、だいぶ寒くなってきましたね。寒暖の差は、自律神経に作用します。

季節の変わり目で一日の気温の変化が激しかったり、冷暖房の効いた部屋と屋外の気温の差が大きかったりすると、バランスを保つためにエネルギーの消費が大きくなります。5℃~10℃以上の大きな気温の変化を繰り返す生活を送っていると体温調節をするために常に自律神経が働いている状態になり、多くのエネルギーを消耗してしまうことで体が疲れ、寒暖差疲労になります。

外出時は、羽織るものなどで調整したり、寝るときは、暖かめの服装をして、首に大きめのタオルを巻くこともおすすめです。