インフルエンザの流行する季節がやってきました。いったん流行すると急速に感染が広がります。 インフルエンザに「感染しない・感染させない」為に、一人ひとりがしっかりインフルエンザ対策をしましょう。

歯周病菌がインフルエンザ感染を重症化させることも!?

最新の研究では、口腔ケアによるインフルエンザ予防効果が明らかになっているようです!

歯周病菌はインフルエンザウイルスを粘膜に侵入しやすくする酵素(プロテアーゼやノイラミニダーゼ)を出します。また、歯周病菌由来の酵素は抗ウイルス薬で抑制できないため、口腔内を不潔にしておくとインフルエンザ感染を助長します。特に免疫力の弱い高齢者は、インフルエンザが重症化する可能性があります。

インフルエンザ予防は「手洗い、うがい」に加えて「口腔ケア」も覚えておいてください。