歯科医院でのレントゲン撮影の安全性は高い!

「歯医者さんで撮るレントゲンって安全なの?」

レントゲンの機種や撮影する部位にもよりますが、歯科医院で撮影する小さなレントゲン写真の放射線量は、大きいレントゲン写真も小さいレントゲン写真も、線量は変わりありません。しかもその線量は、集団検診で撮影する胃のレントゲン写真1枚(約4.1mSv)のおよそ100~400分の1自然界から1年間に受ける放射線のおよそ40~100分の1程度です。このことから、歯科医院で撮影するレントゲン写真の安全性は高いといえます。

放射線量のおおよその目安

方法など

部位

放射線量(mSv)

口内法(小さなレントゲン)

0.01~0.03

パノラマ(大きなレントゲン)

0.02~0.03

CT撮影

頭部

0.5

集団検診

胸部

0.3

頭部

4.1

撮影

胸部

0.065

頭部

2.0

東京・ニューヨーク間を飛行機で往復したときの放射線量

0.2

日本人が1年間に自然界から受ける放射線量

1.1

ガラパリ(ブラジル)の人が1年間に自然界から受ける放射線量

10.0

放射線技師会雑誌No47 10号より