例年より早く流行シーズン入りしたインフルエンザ。流行が長期化することで、今季は「2~3回かかるリスクが高くなる」と専門家は警鐘を鳴らしています。インフルエンザ対策として、まず思い浮かぶのは手洗いやうがい、マスク、ワクチン接種・栄養や睡眠ですが、あまり知られていないのが、口腔ケアです。

お口には食べる、話す、呼吸するといった役割がありますが、お口は細菌やウイルスの入り口でもあります。そして、この季節に猛威をふるうのがインフルエンザウイルスです。インフルエンザの予防対策としては、手洗いやうがい、ワクチン接種などがありますが、口腔ケアも、インフルエンザ予防に有効なことをご存じでしょうか。
ある調査では、介護施設で高齢者を対象に、歯科衛生士が口腔ケア(口腔清掃や清掃の指導)を実施したところ、通常の口腔清掃をしていた施設に比べ、予防接種の有無にかかわらずインフルエンザの発症が10分の1に抑えられた、という報告もあるほどです。口腔ケアのやり方については、かかりつけの歯科医でも指導してもらえます。

口腔内の細菌は、歯の表面だけではなく舌やのどの粘膜にも多く存在しています。インフルエンザ予防には手洗い・うがい・予防接種とともに、適切な口腔ケアを行い、口腔内の細菌数を減少させることも大切です。