お口の健康は、認知機能低下と関連!!

お口の健康は、認知症の発症や認知機能の低下と関連しています。

歯がそろって(義歯でも可)、よく噛めると脳の活動が活発になり認知症発症リスクを抑制できます。

逆に歯がほとんど無く義歯を使用していない人や、あまり噛めない人は、認知症リスクが上昇します。

さらに、歯周病菌が、アルツハイマー病の誘発と症状悪化に関係しているのです。

健康のため・認知症予防のためにも、定期的に歯科健診を受けましょう。