唾液は私たちの口の中の健康のためにさまざまな働きをしていますが、その成分は身体全体の健康維持にも欠かせない役割を果たしています。人間の体は唾液によって守られていると言っても過言ではありません。

唾液には体を菌から守る抗菌作用のほか、菌を洗い流す自浄作用、胃や腸を助ける消化作用など、さまざまな機能があります。これらの働きが、虫歯だけでなく、かぜやインフルエンザ、さらには動脈硬化、うつ病、そして認知症などの疾患の予防にもつながっているのです。

体を守る働きをする唾液の成分にIgA(免疫グロブリンA)があります。IgAは免疫力をアップしてウイルスの侵入を妨げるだけでなく、腸内環境を整えたり、歯周病菌の侵入を防ぐ機能もあります。

近年、歯周病はさまざまな病気と関係していることがわかってきましたが、アルツハイマー型認知症に影響を与えているとも考えられています。これは、歯周病菌が脳に入り込むことで、認知症の原因となるアミロイドβを増加させてしまうことによるものなのです。

質のよい、十分な量の唾液が分泌されていれば、自浄作用、免疫力アップなどさまざまな働きが促され、全身の健康につながるのです。