クリスマスといえば「ポインセチア」ですよねぇ(*^_^*)・・・なぜ?・・・調べてみました!!

ポインセチアがクリスマスの花とされるようになった主な由来の1つが、色です。クリスマスによく使用される赤・緑・白の3色はクリスマスカラーと呼ばれ、赤は「キリストの流した血の色」、緑は「永遠の命や愛」、白は「純潔」を表します。葉が赤と緑、樹液が白のポインセチアは、まさにクリスマスにぴったりの植物ということだそうです。
また、花や苞(ほう)の形が「ベツレヘムの星」を連想させることや、「聖夜」という花言葉を持つことも、ポインセチアがクリスマスに使用される理由だとされています。

クリスマスまで、キレイでいてね(^o^)/