先日行った、お店「カゼウス」・・・聞かない言葉・・・なんだろ?

正解は・・・・・

 

 

 

チーズの語源でした!!

チーズ(cheese)の語源はラテン語の「カゼウス(caseus)」。カゼウスとは、酵素で固めたチーズの意味だそうです。

また、チーズの起源は、正確には定かではないようですが有名なのが、アラブの商人が羊の胃袋を干して作った皮の水筒に山羊の乳を入れ、ラクダにのって行商の旅に出た。のどが渇いたので山羊の乳を飲もうとした時、乳は白い塊(ガード、凝乳)と澄んだ水(ホエー)になっていた。固まりを食べて見るとすごくおいしかった。という説があります。

ところが、2012年になって紀元前5000年ごろの世界最古のチーズ製造の痕跡がヨーロッパのポーランドで発見されたという話もあります。

また、イタリア中部の一部の銀行では、1950年からチーズを担保に融資を行っているそうです。パルメジャーノ・レッジャーノは熟成するのに最低でも2年かかるので、それではチーズ生産者は2年間利益がなく、資金繰りが大変。そこで、チーズを担保に融資をしているそうで、現在も40万個ほどのチーズが、銀行の熟成庫でプロの熟成士によって管理されているそうです。

最近スーパーでも、色々なチーズが売られていて、どれを食べようか迷います(^u^)