雨が降ったり台風が近づいたりすると頭痛や肩こり・体調不良などを起こすことがありますが、歯の痛みも出やすいことをご存知でしょうか?

これらは主に、気圧の変化によってもたらされる現象なのです。

低気圧が近づくと、副交感神経が優位になり、体内のあらゆる血管が拡張するので、歯の根っこの中のリンパや血管も拡張します。そのため神経が圧迫されて慢性化している炎症が一気に急性化を起こし、激痛を引き起こすということがあるのです。

歯の中には、歯髄(神経)の入っている歯髄腔という空洞があり、その空洞は平地の圧力と等しくなっています。ところが、短時間に外気の気圧が低下すると、その変化に対応しきれず、一時的に歯髄腔内の圧力が上がり、その外に向かう圧力が痛みを引き起こしていまうのです。


山などの高所で、お菓子の袋が膨らむ現象と同じです。

                                                   

他にも、飛行機や登山・スキューバダイビングなど、気圧の変化が起こる時は注意が必要です。


歯は、とても敏感なところなので環境条件の急激な変化にすぐ反応します。こうした急な歯の痛みを起こさないためにも、普段から定期健診を受けましょう。

梅雨入り前に、お口のチェックをしてみてはいかがですか?