アマルガムとは虫歯の治療に多く使われてきた歯の詰め物
です。アマルガムは水銀50%を含む金属から出来ています。
非常に安定した化合物で、体内に吸収される危険性は少ないと言われていましたが、お口の中で劣化し、腐食しやすい傾向がある事がわかり、口腔内から全身に運ばれ、特に腎臓・肝臓・脳などに蓄積されると言われています。
現在お口の中にあるアマルガムを使用して治療した詰め物が残っているようでしたら、アマルガムを除去し、より安全な材料に代えることをお勧めしています。
(H28年4月からアマルガムを使用した保険治療はなくなりました。)

当院では、問診や口腔内検査を行う際に、アマルガム充填物の有無を確認致します。

その後、治療方針について相談のうえ、治療を行います。お気軽に、ご相談下さい。