最近、乳酸菌が話題になっています。LG21・シロタ株・R-1 など色々ありますが、そんな中、むし歯菌・歯周病菌の数を減らす乳酸菌「L8020乳酸菌」が発見されました!!

「L8020乳酸菌とは?」

広島大学の二川教授によって発見された乳酸菌です。
L8020乳酸菌は、歯周病、むし歯になったことのない健康な子どもの口の中から発見されたヒト由来の乳酸菌です。
歯周病菌・むし歯菌の発育を阻止する、制菌効果のある乳酸菌の一種で、ヒトの口腔内から5種類の歯周病菌とむし歯菌を効果的に減らし口腔内環境を健康に保ちます。

そんなL8020乳酸菌ですが、正式名称は「ラクトバチルスラムノーザスK03株」という菌種。L8020乳酸菌は、80歳になっても自分の歯を20本以上保ってほしいという思いを込めてL8020乳酸菌と名付けられました。

むし歯・歯周病予防はあくまでも歯磨きが最も効果的です。そのあとで、L8020入りヨーグルトやタブレットを食べる・L8020乳酸菌入り洗口剤でぶくぶくゆすぐと、むし歯や歯周病の原因菌が大幅に減少するそうです。

「L8020乳酸菌」と「キシリトール」の違い

    L8020乳酸菌 キシリトール

分類   乳酸菌   糖アルコール
           といわれる
           炭水化物の一種
                
由来   ヒト由来  植物由来

むし歯菌
歯周病菌 ある    ない
への作用