おかだ歯科クリニックは高槻市東和町の総合的医療を目指す杏仁会グループの歯医者です。

歯の状態 レベル6

レベル6 歯髄の炎症

歯髄とは、歯の内部にあって神経・血管・その他の組織からなり、通常は歯の神経といわれています。 主な役割は、歯の各部に栄養を送り込んだり、虫歯などの病気の警告を発したりすることです。 歯髄がなくなると、これらの機能を失うことになります。

歯髄の病気はなぜ起こる?

  • 虫歯を放置したために、歯髄まで虫歯菌が進入した場合。
  • さらに進行し、歯髄が死んでしまい歯根の先まで病気が及んだ場合。
  • この段階で、歯を残すために歯髄の治療を行います。

歯髄治療の注意

  • 歯髄の状態によっては、痛みや腫れがでることがあります。 そのときは連絡してください。
  • 固いものを噛むと、歯が割れることがありますので注意してください。
  • 歯髄治療は、歯の治療の終了ではありません。続いて詰物や かぶせの処置が必要です。

Copyright © おかだ歯科クリニック All Rights Reserved.