院長ブログ

今日は何の日?

今日1月31日は、「晦日正月(みそかしょうがつ)」または「晦日節(みそかぜち)」ともいい、

正月の終わりの日として祝うところもあるようです。

正月の松飾りのある期間「松の内」に年始回りをしなかった家を訪ねる日や、お蕎麦を食べて家の中で静かに祝う日などとして様々な過ごし方や習慣がその土地その土地に残っているところもあるそうです。

 

晦日(みそか・つごもり)とは、旧暦でその月の最後の日のことです。12月31日のことを「大晦日(おおみそか)」といいますが、これは「晦日」のうちで一年の最後の日という意味で「大晦日」と言います。月末に食べる蕎麦「三十日蕎麦(みそかそば)」や、支払いを月末にすること「三十日払い(みそかばらい)」などが今でも残っているようです。

 

ページ上部へ